どこもかしこも中学受験生

お隣は中学受験生

我が家のお隣に住む息子さんが中学受験を始めたのは小学校4年生くらいの時だと思います。我が家には小学生の娘が二人いるのですが、普段全く交流がないため、中々様子を伺うのが難しかったです。ですが、近所のお母さんに聞いたところ、中学受験専門の塾に通いだし、難関校を目指しているとのことでした。正直、あの子が!?って感じで驚きました。普段挨拶してもまともに返事もできず、頭もそんなに良くなさそうだったからです。ですが、かなり真面目に塾に通っているようで、小学校5年生に上がってからは週5日は遅くまで塾で勉強しているそうです。夜もけっこう遅くまで部屋に明かりがついていたりすることが多く、すごいなあと感心していました。実際の成績はどうなんだろうと、色々聞き込みをしてみましたが、なんとテストではかなり上位に食い込んでいるんだとか。このままいけば中学受験も難なく成功すると聞きました。正直悔しいですね。うちの娘も最近中学受験をさせようか悩んでいるところです。ピアノと英語の習い事はさせているのですが、本格的な塾には通っていないんです。このままお隣さんの息子がすんなり合格したらなんだかもやもやするので、最近娘たちにもっと勉強するように言っています。

中学受験の勉強は大変そう

お隣の息子さんが中学受験をすると聞いたのは1年くらい前でした。世間話をしていた時に出てきた話題です。息子さんは優秀だと聞いていたので、中学受験をすると聞いても驚きはありませんでした。ただ、お隣の奥さんは不安だったようで、何度も私に不安だと言っていました。息子さんは毎日塾へ通い、夜遅くに帰ってくるようです。食事にも気を使い、ストレスにならないように息子さんが寝るまでは奥さんは寝ないと言うのです。息子さんの中学受験のはずなのに奥さんの方が目に見えてやつれていくように見ます。旦那さんは決して邪魔をしないようですが、協力する様子もありません。雨が降っているときに送り迎えをするのは奥さんなのです。旦那さんが手伝ってもいいのかなと思いますが、それはお隣のルールにはないようです。息子さんもだんだんと疲れが目に見えて濃くなってきていますが、まだ中学受験までには時間があります。このまま受験当日までこの家族は体力が持つのかなと勝手ながら心配してしまいます。毎日の勉強のおかげで息子の成績は順調に伸びているというのが唯一の救いだと、最近話した時に奥さんが言っていました。頑張っている奥さんのためにも合格してくれることを祈るばかりです。

中学受験のためにサッカーをやめたらしい

私のお隣さんの家の息子さんは、サッカー好きで地元のクラブでを習っていました。しかし、小学六年生の春、大好きだったサッカーをやめてしまったと聞いて驚き、理由を聞いてみると中学受験するから、とのことでした。
好きなことをやめてまで中学受験するべきなのだろうか、と最初は思いましたが、息子さんが友達と楽しそうにサッカーの話をしながら歩いて行く姿を何度か見かけたので、もう少し踏み込んで訳を聞いてみると「サッカー部が強い中学」を中学受験するとのことでした。私は中学受験と聞くと、普段から頭のよい子が将来のために勉強勉強と窮屈な思いをしながら頑張って塾へ行き、合格を目指すものだと思っていましたが、サッカー部の強い私立中学に行き、大好きなサッカーの技術の腕を上げるというのは、とても現実的な考え方で、夢のあることだなと思います。
中学受験を合格できるほどの頭の良さと、大好きなサッカーのために1年練習を控えめにする忍耐強さを持っているお隣の息子さんは、文武両道のいい大人になるのではと思います。
彼の努力が報われて、受験に合格できるよう隣の家から祈っています。また大好きなサッカーを再開して中学生になっても活躍して欲しいです。

中学受験は個別指導塾がオススメとのこと

中学受験というと大手学習塾で毎月の授業に加え、夏期講習や補習、さらには朝から晩までお勉強合宿なんイメージでしたが、隣のご家庭のお子さんは中学受験に備え個別指導塾に入ったそうです。
受験は志望校に関する情報が一番大切で、その点大手進学塾は受験のノウハウがあり、志望校に合わせた試験の分析がきちんとされています。限られた時間の中で自分の志望校に標準を合わせた内容の授業は魅力的です。また、集団で授業を受けることで自分の成績が周りと比べてどれくらいなのかが分かります。中学受験においては、それが受験成功への近道につながります。
しかし、個別指導塾にも多くの利点があり、お隣の受験生にはそれがぴったりだったようです。個別指導だと自分が苦手な教科、単元を重点的に教えてもらうことが出来ます。また、体調や予定に合わせて自由にカリキュラムを組むことが可能です。
個別指導で注意すべき点は講師の経歴や相性です。志望校の出身者だと受験内容にも精通してあり、受験問題を作る先生にも詳しいでしょう。また個別指導だと先生の子供が隣で問題を解いている様子を見てもらえるのでどこでどのように躓いているのか、子供の様子をしっかり見てもらうことができます。
大手の進学塾だからと決めるのではなく、しっかり塾と講師、子供との相性を見極めることが中学受験成功のカギですね。

中学受験は親も大変

我が家の隣のお宅には、もうすぐ中学受験を控えた小学6年生の男の子が住んでいます。お隣なので、その男の子を小さい頃からよく知っていて学習塾に毎日のように通う姿を見かけてそろそろ中学受験の時期だと思っていました。ご両親も学校説明会に息子さんと一緒に出かけたりと、いつもより慌ただしい様子です。先日男の子のお母さまとばったりお会いしたので、お話しを少し伺ってみたところ男子校の私立中学をいくつか受験する予定とのことでした。お隣の男の子はとても穏やかな性格のいい子なので、中学受験がうまくいくようにと願っています。小さいときには成績がいいほうだとお聞きしたことがあるので、きっとレベルの高い私立中学を受験されると思います。私はただの隣人としてですが静かに中学受験を見守ってあげたいと考えています。かなり前から学習塾に通われていたみたいですし、きっと努力が報われるはずです。お隣の男の子が無事に私立中学に合格したらおめでとうと、やさしく声を掛けてあげようと思っています。男の子が小学6年生になってからはご両親もいろいろお忙しそうだったので、中学受験は親も大変だと思いましたが、ご家族揃って息子さんを応援している素敵なご一家です。
参考サイト