見事合格、そして引っ越ししていった

お隣さんは私の息子と同い年の男の子がいるのですが、転勤族なので中学校になる頃には違う地域に引っ越すので、それに向けて中学受験を目指しているのだと家に遊びに来た時に教えてくれました。
それを教えてくれたのは今から数年前のことですが、その頃はただ頑張ってねと言葉をかけるだけでした。息子とその子は仲が良く、頻繁に遊びにでかけていたのですが、4年生になる頃には中学受験に向けて勉強をするので、遊ぶ時間を減らさなければいけないと親御さんから言われたようで、中学年の頃から必死になって合格に向けた勉強をしていました。その子は本当に優しい子で勉強の合間を塗っては息子と遊んでくれたので、性格もよく頭脳明晰でよくできた子だと思っていました。そしていよいよ6年生になった頃にはもう遊ぶ時間を完全になくして、学校から帰ってきたらすぐに塾に向かい家に帰ってくるのは日が沈んでからというシーンをよく目にしました。そんな努力の甲斐あって中学受験にも合格し無事入学となりました。転勤するというのは前からわかっていましたが、家族ぐるみの付き合いがあったのでとても寂しかったです。でも一人の子供の成長を見届けられたので満足しています。